社会を動かす、エンジンでありたい


◆ 行事案内


◆平成30年6月定例会
日時:2018年6月16日(土)
   受付   13:00〜
   講演会  13:30〜17:00
         懇親会  17:30〜19:30
場所:ひと・まち交流館 京都 大会議室(2階)
(http://www.hitomachi-kyoto.jp/)
T.講演会  
【挨拶】13:30〜13:35 野田公彦会長
【講演1】13:35〜14:35  講師:青山 光宏 様(修習技術者 水産部門)
演題:「わたしの経験した水産海外技術協力の実際」
要旨:JICAボランティアや技術協力専門家として、太平洋のパラオ、パプアニューギニア、西アフリカのブルキナファソ、セネガル、旧仏領ソマリアのジブチ、カリブ南米側のガイアナで、主に養殖の技術移転指導に従事してきた。
水試配属や省庁配属、村落活動、海水魚、淡水魚、海藻資源調査、部族紛争、イスラム過激派など各国それぞれ事情の異なった現場での経験を、技術だけでなく現地情勢や日本のODA事情も含めて紹介する。
===== 休憩(10分)  =====
【講演2】14:45〜16:45  講師:江口 至洋 様(神戸大学・東京理科大学薬学部 客員教授,NPO法人システム薬学研究機構 理事,理化学研究所 客員主幹研究員)
演題:「AI医療・創薬:Deep Learningの医療および創薬への新たな展開」
要旨:21世紀に入り人工知能の技術開発は、新たなアルゴリズムの開発とハードウェアの高速化により急速に進展してきた。人工知能技術の中でも今、Deep Learningが注目を集めている。創薬への応用は2012年に構造活性相関の分野で登場し、世界的に注目を集めた。また医療への応用は2016年に眼底画像からの糖尿病性網膜症の診断システムが世界的な医学雑誌JAMAに発表され、医療従事者に大きなインパクトを与えた。それら研究開発の現状について紹介する。
U.諸連絡 16:45〜16:50
=====  会場撤収・移動   =====
V.懇親会(会員,一般参加者)17:30〜19:30      
   会場:さざんか亭六角店(東木屋町通三条下ル第6観光ビル) Tel  075-255-0951
(https://sazankarokkaku.owst.jp/)
W. 参加費
   講演会 1,000円(資料代、京都技術士会会員は無料)、懇親会 4,000円  
      (当日、講演会場受付で徴収させていただきます。)
お申し込み:
下記の例会申し込みの登録画面より、6月例会を選択の上必要事項を設定し(講演会:参加・欠席、懇親会:参加、欠席)、「確認」ボタンを押して登録ください。
*懇親会に御参加される場合は6月8日(金)までにお申し込み下さい。
キャンセルの場合は同じページから再度「欠席」を選択しコメントにキャンセルの旨記載し再登録下さい。
 なお、懇親会お申し込み後のキャンセルは、6/13(水)までは無料としますが、それ以降のキャンセルは全額を徴収させていただく場合がありますのでご注意ください。
*講演会につきましても、整理の都合上、6月8日(金)までお申し込みいただけると幸甚に存じます。

例会申し込み

無料技術相談会
◇ 技術相談につきましては、随時受付いたしますので、下記の技術問合せをクリックして下さい。
ご相談内容をメール、電話等でご連絡頂ければ、ご相談内容に対して専門分野の技術士が対応致します。
ご相談料は無料です。

技術問合せ

定例会の会場は以下の通りです。

    


       ひとまち交流館京都       京都東山いきいき市民活動センター


         地図にカーソルを合わせてクリックすると詳細情報へリンクします。



             



                     京エコロジーセンター